ハマスレシピ

20/05/2022 - Actualizado: 01/10/2022

フムスは、調理の必要がないシンプルで安価なドレッシングです。 この簡単なディップは、軽食やパーティーに最適です。

ザジキのような他のおいしいディップと一緒に温かいピタと一緒に提供したり、素晴らしい野菜のディップとして使用したり、サンドイッチやハムとチーズのサンドイッチに広げたりしてください!

白い器に入ったフムス

フムスとは?

フムスは、中東にルーツを持つひよこ豆のディップです。 フムスの材料は少なくシンプルで、ひよこ豆 (ひよこ豆とも呼ばれます) や、オリーブ オイル、レモン、ニンニクで味付けしたタヒニなどがあります。

ひよこ豆は滑らかになるまで他の材料と混ぜ合わせ、ディップに最適です!

タヒニ それはゴマから作られたペースト(ほとんどナッツバターのようなもの)です. 通常、タヒニの缶や瓶は、スーパーマーケットの国際食品セクション (または、もちろん Amazon) で見つけることができます。 天然のピーナッツ バターのように、タヒニは上の油の層と下の濃い固形物に分離するため、このレシピで使用する準備が整う前に混ぜ合わせる必要があります。

混ぜる前のフムス

フムスの作り方

これは私が今まで試した中で最高のフムス レシピです。必要なのはブレンダーだけで、鍋や調理は必要ありません! これはあなたがするすべてです:

  1. ひよこ豆の缶または缶を開けます。
  2. 必要に応じて冷水で滑らかな小雨が降るまで、すべての材料をブレンドします。
  3. ボウルに入れ、追加のオリーブオイルをまぶし、クミンを散らし、パセリとパプリカを飾る.

天日干しトマト、赤ピーマンまたはほうれん草のロースト、フェタチーズ、ロースト ガーリック、バジル ハーブ ペスト、またはその他のお気に入りを加えて、さまざまなフレーバーをお楽しみください。

より滑らかなフムスが必要な場合は、ひよこ豆の皮をむきます。 ゲストがいる場合は時々これを行いますが、ほとんどの場合、時間がかかる可能性があるため、気にするほどの違いはないと思います.

フムスの航空写真

フムスと一緒に食べるもの

この簡単なディップは伝統的にピタパンと一緒に出されますが、ディップできるものは何でもガーリックフムスとよく合います. ピタウェッジまたはピタチップス、ブレッドスティックまたはセロリスティック、ニンジン、スライスしたピーマン、またはギリシャのミートボールでさえ、自家製フムスと一緒に提供するのに最適です.

フムスのラップは、ピタの上に広げ、細切りのロメインレタス、フレッシュトマト、赤玉ねぎ、フェタチーズを加えて作ることができます.

フムスを冷凍できますか.

これは冷凍するのに最適なフムスのレシピです. 冷凍庫で安全な容器に入れるだけで、膨張するためのインチが残ります. 冷凍庫で4ヶ月持ちます。 冷蔵庫で数時間解凍してください。

その他の焼かないソース

  • 7層イマージョン:準備をしましょう
  • スパイシーディルディップ– 簡単でおいしい
  • ほうれん草の簡単ディップ 古典的なほうれん草のディップ レシピ
  • ベーコンとチェダーのディップ
  • 4 材料 ディル ピクルス ディップ – うまい!
  • 手早く簡単にできるチョコレート フムス - ヘルシーなデザート ディップ

ハマスレシピ

フムスは、調理の必要がないシンプルで安価な豆のディップです。 ピタパンや野菜と一緒に出して、完璧な前菜に!

材料

  • 15.5 オンスのひよこ豆
  • タヒニ 大さじ2~3
  • オリーブオイル 大さじ3
  • にんにくのみじん切り 1片
  • 小さじ1/4の塩またはお好みで
  • レモン汁 1/2個 大さじ2程度
  • クミン 小さじ1
  • 飾り用オリーブオイルとパセリ

指示

  • 小さな計量カップに氷を入れ、水を加えます。 約 ¼ カップの非常に冷たい水が必要です。
  • 水以外のすべての材料をブレンダーまたはフードプロセッサーに入れます。
  • 数回パルスして混合を開始し、必要に応じて側面をこすり落とします。 混合物が非常に滑らかになるまで、約3〜4分間、一度に少しずつ(約¼カップ程度)氷水に霧雨を降らせます.
  • サービングボウルに移し、オリーブオイルを振りかけ、パセリとパプリカまたはクミンのピンチを飾る.

成績

2カップ分、分量は1/4カップです。

0/5 (0 Reviews)

Recetas Relacionadas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Go up

Utilizamos cookies para mejorar tu experiencia como usuario. Mas info