バナナオートミールクッキー

26/07/2022 - Actualizado: 03/10/2022

バナナオートミールクッキー 彼らは完全においしいテイクアウトの御馳走です。 熟したバナナ、オートミール、チョコレート チップで作られたこれらのおいしいクッキーは、非常に柔らかいです。

お好みのナッツを加えて、冷たい牛乳をグラスに注いでください!

ラックのバナナ クッキー

熟れすぎたバナナを使った古典的なバナナブレッドや朝食用クッキーを作るのが大好きですが、このクッキーのレシピはすぐに私のお気に入りの 1 つになりました。 また、軽食やコーヒーにも最適です。

バナナオートミールクッキーの作り方

とっても簡単に作れるクッキーレシピです! また、焼く前に予冷しなくても生地がしっかりしているので、作るのもとても簡単です。

ガラスのボウルにバナナ クッキーの材料

バナナオートミールクッキーを作るには:

オオバコをマッシュして予約することから始めます。 次に、次の簡単な手順に従います。

  1. 乾燥成分を混ぜます。 別のボウルにクリーム バターと砂糖を入れ、残りの湿った材料を加えます (以下のレシピに従ってください)。
  2. 乾いた材料と湿った材料を混ぜます。
  3. 大さじ1杯をクッキングシートに落とし、きつね色になるまで焼きます。

さらに歯ごたえのあるフルーティーな風味を得るには、レーズンまたはドライ クランベリーの代わりにチョコレート チップの一部またはすべてを使用することを検討してください。 いくつかの甘くしたココナッツフレークは、フレーバープロファイルをさらに深めます.

バナナクッキー用のガラス容器に入った混合生地

バナナオートミールクッキーの保存方法

バナナクッキーは、冷蔵庫や冷凍庫で夢のように保存できます。

  • 上部がべたつくのを防ぐため、保管する前に完全に冷やしてください。
  • 次に、クッキーの瓶に入れるか、しっかりと蓋をした容器またはフリーザーバッグに詰めます.

室温で数日間、冷蔵庫で最大2週間保存できます。

最高の食材

おいしい材料は、これらのクッキーを甘いお菓子にします. 粉砂糖をまぶすか、これらのおいしいオプションを試してみてください。

  • クリームチーズフロスティング
  • チョコレートソース
  • バタークリームのアイシング
  • レモングラス

棚に出された一口バナナクッキー

バナナオートミールクッキーを冷凍できますか.

これらのクッキーは冷凍庫に保管するのに最適です. それらは最大6か月間保持されます。 たっぷり作って、深夜に砂糖が欲しくなったときに食べられるようにしましょう。

おいしいクッキーのレシピ

朝食や外出先でのおやつには、バナナ オートミール クッキーに勝るものはありません。 しかし、これらのクッキーのレシピは、すばやくおいしいスナックになるとすぐに来ます!

  • 朝食にバナナクッキー
  • オートミールチョコチップクッキー
  • お気に入りの朝食クッキー
  • オートミールとレーズンのクッキー
  • 最高のモンスタークッキー

バナナオートミールクッキー

これらのバナナ オートミール クッキーは、バナナ、チョコレート チップ、オートミールの完璧な組み合わせです!

材料

  • 中力粉 1 3/4カップ
  • ½カップの砂糖
  • ½カップのブラウンシュガー
  • 小さじ½重曹
  • 小さじ1/2のベーキングパウダー
  • ¼小さじ塩
  • シナモン小さじ1
  • ロールドオーツ 1/4カップ
  • 柔らかくしたバター 2/3カップ
  • 卵1個
  • バニラ 小さじ1
  • つぶしたバナナ 1カップ 約2本
  • チョコレートチップ 1カップ
  • みじん切りピーカンまたはクルミ ½ カップ、オプション

指示

  • オーブンを 400°F に予熱します。 羊皮紙でベーキング シートを並べます。
  • 小麦粉、ベーキングパウダー、塩、重曹、シナモン、オートミールを混ぜ合わせます。
  • バターと砂糖をふわふわになるまで混ぜます。 卵を泡立てます。
  • つぶしたバナナとバニラを混ぜます。 混ぜ合わせるまで小麦粉の混合物を少しずつ加えます。 チョコチップとくるみを入れる。
  • 山盛りの大さじを準備した天板に落とします。 予熱したオーブンで 11 ~ 13 分、または縁の周りにうっすらと焼き色がつくまで焼きます。
0/5 (0 Reviews)

Recetas Relacionadas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Go up

Utilizamos cookies para mejorar tu experiencia como usuario. Mas info