パン粉の作り方

23/05/2022 - Actualizado: 18/10/2022

プレハブを購入する理由 パン粉 家で自分でできるのはいつですか? (さらに、パンの皮、もう新鮮ではない古いマフィン、そしてあなたが持っている唯一のホットドッグパンを使い切るのに最適な方法です.

数枚のパンと少しの調味料で、お手持ちのパンでイタリアンパン粉が作れます!

スプーンでパン粉のガラス瓶

パンくずリストは、非常に多くの優れたレシピの最後の仕上げです。 グラタン、シチュー、または鶏肉や野菜のコーティングとして。 いざ、パン粉なし? パンくずリストを最初から作るのは、すばやく簡単です。

パン粉に使用するパンの種類

パン粉を作るのに最適なパンの種類. より多くのパン粉を生成するため、より密度の高いパンを使用することをお勧めしますが、手持ちのものは何でも構いません! 一斤のパンの端(「かかと」の端とも呼ばれます)または古くなったパンを保存します. それに新しい命を吹き込み、独自のブレッドクラムを作成してください!

天板にパン粉のスライス

パン粉の作り方

パンくずリストを自分で作るのはとても簡単です。 パンが乾いていることを確認してください。

  1. パンを天板に広げます。
  2. 固くて乾燥するまで焼き、焼き工程の途中で一度ひっくり返します(以下のレシピに従って).

パンを冷ましてからフードプロセッサーにかけます。 パルスが長いほど、パン粉は細かくなります。

フードプロセッサーを使わずにパン粉を作るには:

  • 焼き上がったパンを細かく切って、密閉できる袋に入れます。
  • めん棒を使って、パン粉を好みの固さに砕きます。

パン粉パン粉 それらは柔らかいうちに処理されるため、大きくてサクサクしたパン粉になります。 パン粉のレシピはこちら。

自家製パン粉の味付け方法

自家製パン粉にいろいろな具材を入れて、食感や風味を変えています! 調味料を混ぜ合わせて、新しいユニークなパン粉レシピを作りましょう!

  • お好みでイタリアンシーズニングやパルメザンチーズを加えても。
  • 自家製パン粉にベーグルの調味料を全部混ぜたら最高!
  • コーンフレークまたはふすまフレークをミックスに追加します。 エクストラカリカリ!
  • タコスの調味料でメキシカンチキンを作ってみよう!

保管方法

パン粉は、ジッパー付きの袋や、しっかりと蓋が閉まる容器に簡単に収納できます。 涼しく乾燥した場所または冷蔵庫で最大 1 か月間保管してください。

パン粉を冷凍できますか.

パン粉は最大3か月間冷凍できます。 袋や容器に日付を記入し、必要な量を解凍してからご使用ください。

最高のパン粉レシピ.

パンくずリストといえば、やっぱりこのハラペーニョディップ! イタリア産のパン粉をまぶして、こんがりと焼き色がつくまで焼きます。 2 番目に近いのは間違いなくこのバッファロー カリフラワーです。

メインには、このチキン全体またはクリスピー パルメザン クルステッド チキンをぜひお試しください。 特にホームフライドポテトとこの簡単なトスサラダを添えると!

パン粉の作り方

数枚のパンとちょっとしたテクニックで、手持ちのパンでパン粉を作ることができます!

材料

  • 焼きたてのパン 6 切れ
  • オプションの調味料

指示

  • オーブンを 300°F に予熱します。
  • パンをオーブンの鍋に入れ、約10分間乾かします。 裏返して、手触りが乾くまでさらに 5 ~ 10 分乾燥させます。 焦がしたり、トーストしたりしないでください。
  • パン粉になる前にオーブンから取り出して冷まします。
  • 細かいパン粉の場合は、パンをフードプロセッサーに入れ、数回パルスして、お好みの固さにします。
  • 粗いパン粉の場合は、パンをフリーザーバッグに入れ、めん棒を使って好みの固さまで押しつぶします。

成績

冷蔵で1ヶ月、冷凍で4ヶ月。
味付けしたパン粉を作るには、ガーリック パウダー小さじ 1、オニオン パウダー小さじ 1/2、乾燥パセリ フレーク小さじ 1、乾燥オレガノ小さじ 1/2、乾燥バジル小さじ 1/2 を準備したパン粉 2 カップに加えます。 パン粉ブレッドクラムを作るには:
全粒粉パンまたは白パンからクラストを取り除きます。 フードプロセッサーで粗いパン粉に砕きます。
茶色にならないように注意しながら、300°F で約 10 分間焼きます。

0/5 (0 Reviews)

Recetas Relacionadas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Go up

Utilizamos cookies para mejorar tu experiencia como usuario. Mas info