玄米の炊き方(オーブン・コンロ)

26/05/2022 - Actualizado: 21/09/2022

茶色 ナッツの香ばしさと少し歯ごたえのある食感が美味しいです。 玄米は、コンロで、または私のお気に入りの方法であるオーブンで調理できます。 ミートローフ、ポットロースト、またはサーモンのグリルの隣のオーブンで焼くのは信じられないほど簡単です. ご飯、水、バター、塩ひとつまみを混ぜて、焼いて楽しむだけ! 白い器に入った焼き玄米 インスタントや短粒ではなく、長粒の玄米を購入します。 コンロで調理できますが(手順は次のとおりです)、正直なところ、焼き玄米はとても簡単で、毎回完璧にフワフワになります.

玄米ごはんのコツ

確実に成功させるために、次の簡単なヒントに従ってください。

  • 十分な水を追加します。 米が吸収するのに十分な水またはスープを追加することにより、未調理の米が鍋または鍋の底で焦げるのを防ぎます(玄米は白米よりも多くの水を必要とすることに注意してください).
  • スパイせずに: 見ていると蒸気が出て、調理時間が長くなります。 放出された蒸気はまた、米の水分補給を妨げる可能性があります.
  • お湯またはスープを加える: オーブン方式の場合は、熱湯か煮汁を使います。 もちろんコンロの上で、ご飯を入れる前に沸騰させてもOK。
  • 休憩時間: 炊きあがったら(これも見ないで)米を休ませます。これにより、残りの水分を吸収し続けることができます。

白いボウルに玄米を焼き、その上にバターを 4 枚のせたもの

玄米炊き用

材料4つでさらに少ない工程で、手間いらずで最高の玄米ごはんが炊けるレシピです!

  1. 鍋またはダッチ オーブンですべての材料を混ぜ合わせます (以下のレシピに従ってください)。 しっかりとカバーします。
  2. 60~75分、またはご飯が完全に炊き上がるまで焼きます。 フォークでほぐしてサーブ!

白いボウルに入った焼き玄米の俯瞰ショット

ストーブの上の玄米

  1. 2 1/2カップの水を沸騰させます。
  2. 長粒玄米1カップ、バター大さじ1、塩ひとつまみを加えます。 ふたをして、40~50分、または水分がなくなるまで煮る。
  3. 蓋をして5分放置。 フォークでほぐしてサーブします。

炊きたてご飯の保存方法と再加熱方法

この簡単焼き飯は、保存と再加熱がとても簡単です。 大量に作って 1 週間手元に置いておきましょう!

  • 店: 再び使用する準備が整うまで、密閉容器に入れて冷蔵庫に保管してください。 約1週間続くはずです。
  • 再加熱するには: 鍋またはグラタン皿に入れ、水またはブロスなどの液体を少し加え、蓋またはホイルで覆い、350°Fで加熱するまで焼きます. 電子レンジやレンジでも同じように温め直せます!

調味料の調整を忘れずに!

その他のおいしいアイデア

にんじん、ブロッコリー、カリフラワー、ズッキーニなどの冷凍野菜をご飯に加えます。 冷凍野菜が炊きあがり、ご飯の水分が少しアップ! または、残った調理済みの細切りチキンまたは調理済みの牛ひき肉、みじん切りの玉ねぎ、トマトを追加することもできます. タコスの調味料を少し加えれば、すばやく簡単にトマト コリアンダー ライスやブリトーを作ることができます。

大好きな簡単ごはんのおかず

  • 簡単ライスピラフ - 誰にでもできる香ばしい一品!
  • コリアンダー ライム ライス: フレッシュでスパイシーなコンビネーション
  • スパニッシュライス:お祭り気分のおかず!
  • ガーリックバターライス - 20分で出来上がり
  • Dirty Rice - ニューオーリンズの定番!

玄米の炊き方(オーブン・コンロ)

このシンプルなおかずは、いつでも完璧にフワフワにできます。

材料

  • 玄米1½カップ
  • 小さじ1/2の塩またはお好みで
  • バター¼カップ
  • 熱湯 2 3/4カップ

指示

  • オーブンを 375°F に予熱します。
  • 蓋付きの鍋にすべての材料を混ぜます。
  • ふたをして、60~70分、またはご飯が完全に火が通るまで焼きます。
  • 5分間休ませて、ふんわりさせてサーブします。

成績

ストーブ方式

水を2 1/2カップに減らして沸騰させます。 残りの材料を入れて蓋をする。 40~50分、または水分がなくなるまで煮込みます。 ふたをして5分放置。 フォークでほぐしてサーブします。

0/5 (0 Reviews)

Recetas Relacionadas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Go up

Utilizamos cookies para mejorar tu experiencia como usuario. Mas info